美味極楽メインページ > 食材フィッシング > メバル釣り 
挑戦! 食材 FISHING 新鮮な魚をゲットするための初心者フィッシング入門
煮付けに最高の春告魚
ほぼ日本全国の沿岸に生息するメバル。一年を通じて釣ることができますが、「春告魚」とも呼ばれるように初春がメインです。堤防でも磯でも船(浅場)でも釣れ、仕掛けや誘い方が簡単なため、初心者向きの魚です。全長20〜25cmですが、小型は唐揚げや煮付けに、30cm近い大物は刺身や塩焼きにすると絶品です。
Photo
メバル釣りの道具と仕掛け
仕掛け図
釣り道具を買う際、このイラスト図をプリントアウト(メモでもOK)し、釣り具店に持って行きましょう。
水深30〜40m(もっと浅場も)を釣るので、小型の両軸リールと船小物竿を使います。初心者は市販のメバル用の仕掛けを使うといいでしょう(ハリが2〜3本付いた胴付き仕掛けでOK)。今回はその仕掛けに活きたエビを付けて、メバルを誘います。岩場に群れで潜んでいるため、効率良く釣れば大漁も期待できます。
Photo
メバル釣りのエサ
Photo
活きたモエビを使用
淡水に棲むモエビを使います(船宿で用意してくれるかどうか、船の予約の際に確認しましょう)。エビをいかに弱らせないようにハリに付けるかが、この釣りのポイントです。
イラスト イラスト イラスト
まずエビの尻尾を切り取ります。指の爪で簡単に千切れますが、胴体を潰さないように注意しましょう。
尻尾の切り口にハリ先を入れます。そのままエビの胴体に沿って、ハリを通して行きます。
ハリ先をエビの背中側に出します。腹側に出すとエビが丸まってしまい、海中で回転して釣れないので注意。
メバルの誘い方
イラスト Photo
動かさないでジッと待つ
メバルは海底の岩場や藻の間に上を向いて潜み、上から落ちてくるエサに注意を向けています。オモリを海底に着け、糸をピンと張ったままメバルのアタリを待ちましょう。ハリに付けたエビが海中でピンピンと泳いでメバルを誘うので、竿を大きく上下に動かすことはありません。
イラスト Photo
アタリがあったら「聞きアワセ」
アタリがない場合はゆっくりと竿を上げ、再びゆっくりと竿を下げて、仕掛けを上から海底に降ろします。このようにして、常に上を意識しているメバルを誘います。ブルブルというアタリがあったら、竿を少し上げましょう(“聞きアワセ”と言います)。魚が食い付いていれば、そのままリールをゆっくりと巻き取ります。
Photo Photo Photo
群れに当たれば大漁間違い無し!
メバル釣りのコツは、●エビを弱らせないようにハリに付ける。●仕掛けを動かさないで待つ……のたった2点です。また、同じ岩場に棲むカサゴなども釣れるので、夕食はますます豪華になりますよ!
食材フィッシングINDEXへもどる
美味極楽メインページへ