美味極楽メインページ > 食材フィッシング > カワハギ釣り
挑戦! 食材 FISHING 新鮮な魚をゲットするための初心者フィッシング入門
エサ取り名人は、食べれば美味!
日本各地の沿岸の浅場から、水深50〜60mの砂地&岩礁域に生息。ヘリコプターがホバリングするように水中に留まり、おちょぼ口でエサを食べるのが得意なカワハギ。釣り人が気付かない内にエサだけ食べてしまう“エサ泥棒”です。秋〜冬が釣期ですが、肝が大きくなるこれからがベストシーズン。カワハギとの「腕くらべ」に勝って、美味しい刺身&肝を食べましょう。
Photo
エサ泥棒との腕くらべ
仕掛け図
釣り道具を買う際、このイラスト図をプリントアウト(メモでもOK)し、釣り具店に持って行きましょう。
小型の両軸リールと穂先が敏感な小物用竿を使用。水中でキラキラ光ってカワハギを誘う「集寄(集魚板)」などを付けると効果的ですが、仕掛けがからまりやすいので初心者は付けなくてもOK。竿先に神経を集中させ、カワハギ独特の微かなアタリを見逃さないことが、この釣りの難しいところでもあり、醍醐味でもあります。
Photo
カワハギ釣りの仕掛けとエサ
Photo
市販の仕掛け
初心者は釣り具店で売っている市販の仕掛けを使いましょう。ベテランはカワハギを誘うための「集寄(集魚板)」などを独自で付けますが、初心者はシンプルな仕掛けで十分。そのかわり写真のようなカラフルなオモリを使って、集魚効果を狙ってもいいでしょう。また、カワハギ仕掛けは「自動ハリス止め」でハリ(&ハリス)を止めるのが、他の釣りと少々違います。
自動ハリス止めの付け方
Photo
アサリのむき身
カワハギ釣りでは、アサリのむき身を使用します。船宿が用意してくれるかどうかは、あらかじめ電話で確認しておきましょう。なにしろカワハギはエサ取りの名人ですから、エサの付け方次第で釣果が格段に違ってきます。慎重に丁寧に付けましょう。
アサリの付け方
カワハギの誘い方
Photo 図
仕掛けを揺らす
カワハギ釣りには竿先で海面を叩く「タタキ釣り」や、糸を弛ませて仕掛けを海底に這わせる「タルマセ釣り」があります。初心者はシンプルな釣り方をお薦めします。まずはオモリを底に付けたまま、竿先を10〜20cm上下させます。5〜10回でOK。するとイラストのように仕掛けが揺れて、カワハギを誘います。
Photo 図
仕掛けを止める
竿先を細かく上下させて仕掛けを揺らしたら、ピタッと静止させます(オモリは底に付いたまま)。約5〜10秒ほど待ちます。カワハギにエサを確認させ、食い付くタイミングを与えてあげるのです。
Photo 図
上を誘う
アタリがない場合は、竿をゆっくりと1mほど上げます。静止させた状態でアタリに気付かなくても、この時に魚の重さを感じる筈。また、上へ逃げようとするエサに、カワハギが食い付くことが多いのです。
Photo
カワハギが釣れた?!
竿先に重さを感じたり、コツコツというアタリを感じたら、すかさずピシッと鋭く合わせます。カワハギ釣りではフグやトラギスといった外道がよく釣れます。その他、砂地や岩礁域に生息するシロギスやホウボウも釣れ、またはアジの群れが回ってきたりするので、一日中楽しむことが出来ます。
Photo Photo Photo
最新の食材フィッシングへもどる
食材フィッシングINDEXへもどる
美味極楽メインページへ