美味極楽メインページ > 食材フィッシング > タチウオ釣り
挑戦! 食材 FISHING 新鮮な魚をゲットするための初心者フィッシング入門
銀箔の魚体が眩しく輝く!
北海道以南の日本各地の沿岸に生息するタチウオ。太刀魚という名前どおり、細くて長く、銀色に輝く魚体はまさに武士の太刀そのもの。夏に小型が釣れ始め寒くなるほどにサイズアップしていきます。最大1.5mにもなるタチウオは脂ものって、刺身や塩焼き、煮物に最高です。
Photo
シャクリとアタリ取りが釣果アップの重要ポイント
仕掛け図
釣り道具を買う際、このイラスト図をプリントアウト(メモでもOK)し、釣り具店に持って行きましょう。
夏場は釣れるポイントが浅いので手巻きでも大丈夫ですが、秋から冬にかけては水深100mよりも深いところを釣るので小型〜中型の電動リールがお薦めです。片テンビンに80〜100号のオモリ、タチウオ専用のハリ仕掛けをセットします。下から上へゆっくりと誘い、「コツコツ」というタチウオのアタリをうまくキャッチできるかどうかで、釣果が決まります。
Photo
タチウオ釣りの仕掛けとエサ
Photo
大型片テンビン
タチウオ釣りには50cmくらいの片テンビンを使用します。それにオモリと仕掛けをセットするだけ。どちらもスナップ付きより戻し(仕掛けを接続するための金具のこと)がついているので、ワンタッチで接続できます。
Photo
タチウオ用のハリ
初心者は市販の仕掛けを使いましょう。タチウオは歯がとても鋭いので、糸が切れないようにゴム管などでカバーしてあるのがポイント。ナイロン糸ではなく金属のワイヤーを使うこともあります。
Photo
エサは魚の切り身
イワシなどの小魚を貪欲に捕食するタチウオ。エサは魚の切り身を使用します。サバの身を短冊に切って使います。皮からハリを刺し、端の方をちょん掛けにします。
タチウオの釣り方
Photo 図
オモリを着底
タチウオは神出鬼没(気まぐれ?)なので、釣れるタナ(魚がいる水深のこと)頻繁に変わります。船長が指示するタナをしっかり守るのが、釣果アップのポイントです。まずはオモリを海底に着底させます。
Photo 図
タナまで上げる
オモリが着底したら、船長が「底から◯◯メートル!」と指示するので、そのタナまで巻き上げます。手巻きでもいいし、電動リールで巻いても構いません。
Photo 図
「上へ上へ」と誘う
船長は「◯◯メートルから◯◯メートル上まで」とか、「◯◯メートル上まで誘って」という指示を出してくれます。その範囲にタチウオが泳いでいると言う訳。まずはゆっくりと竿を1mほど上げ、そこで竿を止めます。上げた分だけ糸を巻き取りながら、元の位置に竿を下げます。これを繰り返して、タチウオを誘います。
Photo
Photo
 
タチウオのアタリ
タチウオの活性が高い場合は「ガツン」という強いアタリがあり、糸が巻けなくなります。そんな時は竿を上げてアワセを行い、そのまま巻き取ればOK。活性が低い場合は「コツコツ」という小さなアタリなので注意が必要。そんな時は一度竿の動きを止め、その後竿をゆっくりと上げながら、タチウオが食い付いているか確かめてみましょう(聞きアワセというテクニック)。ヒットしていれば、そのまま一定のスピードで巻き取ります。
Photo
誘い方が重要
タチウオ釣りは船長の指示するタナを的確に、そして上手に誘うことがとても重要です。一日中、竿を上下にしゃくり続けることが大切です。そうすれば、銀色の魚体をゲット!脂がのって美味しい白身が堪能できますよ。
最新の食材フィッシングへもどる
食材フィッシングINDEXへもどる
美味極楽メインページへ