美味極楽メインページ > 食材フィッシング > オニカサゴ釣り
挑戦! 食材 FISHING 新鮮な魚をゲットするための初心者フィッシング入門
お鍋に絶品の超・高級魚
一般にオニカサゴと呼ばれているのはイズカサゴ、フサカサゴ、コクチフサカサゴの3種。コクチフサカサゴは比較的浅場にいますが、残りの2種は水深100〜150mに生息しています。岩場などの海底を好み、カニやエビ、小魚などを待ち伏せして、貪欲に捕食します。いかつい見た目ですが、上品な白身は絶品!刺身、煮付け、唐揚げなど、どれも極上の美味しさですが、特に鍋料理にすると最高です。高級魚だけに1匹でも釣れば「チャラ」、その日の船代は相殺されるだけの価値あり、豪華な夕食が待ってますよ。
Photo
深場から真っ赤な魚体が浮かび上がる!
仕掛け図
釣り道具を買う際、このイラスト図をプリントアウト(メモでもOK)し、
釣り具店に持って行きましょう。
オニカサゴは水深100m以上の海底を釣ることがしばしば。そこで糸の巻き上げは電動リールを使います。文字通り、バッテリーの電力で糸を巻き上げるため、誰もが体力的負担もなく楽々釣ることができます。釣り方は、海底ギリギリに仕掛けが漂うように誘うのがコツ。さあ、電動リールを使いこなして、深海の大物をゲットしよう!
必見!電動リールの使い方

初心者にもわかりやすく解説
Photo
オニカサゴ釣りの仕掛けとエサ
Photo
片テンビンを使用
PE5〜6号の道糸(リールに巻かれている糸)の先に、スナップ付きより戻し(イラスト図のスナップサルカンとも言います)を結び、そのスナップに50cm前後の片テンビンを付けます。片テンビンの下にオモリ100〜150号を、テンビンの先に市販の仕掛けを付けます。
糸の結び方

イラスト&写真でわかりやすく解説
Photo
市販の仕掛けを使用
初心者は釣り具店で売っている、市販の仕掛けを使いましょう。オニカサゴ釣りの仕掛けには、ハリにビニール製のタコやイカが付いています。これが水中でヒラヒラと動き、魚を誘います。
Photo
仕掛けを付ける
仕掛けは袋から全部出さないで、まず端っこのスナップをテンビンのスナップに連結します。それからゆっくりと、仕掛けを袋から出します。こうすると仕掛けが絡んだり、引っかかったりしません。オニカサゴ用の仕掛けは長いので注意しましょう。
Photo
サバの切り身
オニカサゴ釣りのエサは、魚の切り身を使用します。おもにサバを使いますが、他にイカでも代用できます。幅1〜1.5cm、長さ8〜10cmくらいに細長く切ります。
Photo
Photo
ハリに付ける
タコベイト(タコやイカを模したビニール製のルアー)が付いたハリに、サバの切り身を付けます。ちぎれにくいように、青い皮の方から刺しましょう。また、なるべく中心線に刺すと、エサが水中で回転しないので、食いがよくなります。
次へ
ページ:12
最新の食材フィッシングへもどる
食材フィッシングINDEXへもどる
美味極楽メインページへ