美味極楽メインページ > 食材フィッシング > ワカサギ釣り
挑戦! 食材 FISHING 新鮮な魚をゲットするための初心者フィッシング入門
ワカサギ釣りは寒い冬の風物詩
スマートで銀色に光る可愛いワカサギは、小さくても鮭の仲間。くせのない淡白な身は、天ぷらやフライにするととっても美味!釣り期の秋から冬にかけては群れを作って回遊し、盛んにエサを食べるので、初心者でもたくさん釣ることができます。これからがシーズン本番! 部屋のコタツに入ってばかりいないで、冬の湖に繰り出してはいかが?
Photo
“数を釣る”のがワカサギ釣りの醍醐味!
仕掛け図
釣り道具を買う際、このイラスト図をプリントアウト(メモでもOK)し、釣り具店に持って行きましょう。
氷結した湖での穴釣りが有名ですが、初心者は湖のボート釣りがお薦め。ここ最近、各地の湖で流行している「ドーム船」----大きな筏にビニールハウス型の屋根を設置した船----を利用すれば、雨や風の心配もなく、暖かく釣りを楽しめます。釣り方は30cm〜1mの短竿に、5〜8本の枝ハリ仕掛けを使います。エサはサシという小さな虫(それを食紅で染めた紅サシ)です。ワカサギの泳層を探り、群れを効率良く釣るのが大漁のコツです。
Photo
ワカサギ釣りの道具とエサ
Photo
竿&リールと仕掛け
ドーム船では短い竿と小さなリールを使います。湖のボート屋さんでは、専用の竿を用意しているところが多いので、それをレンタルするのもいいでしょう(ボートを予約する際に確認)。また、ワカサギ用の仕掛けは細かいので、初心者は市販の仕掛けセットを使用するほうが無難です。


イラスト&写真でわかりやすく解説
Photo
足元に置く
ワカサギ釣りの仕掛けはハリの数が多いうえに小さいので、すぐに絡んだり服に刺さったりしがち。そこで足元を整理して、床の板の上にスラ〜ッと伸ばしましょう。この状態でエサをつけたり、釣れた魚を外したりしましょう。
Photo
Photo
指でつまむ
エサのサシは小さくグニョグニョしていますが、指先でしっかりつまむのがポイント。するとサシの頭の部分(丸い方)が硬くなります。
Photo
ハリに刺す
硬くなったところにハリを刺すと、簡単にエサ付けができます。これを手際良く全部のハリに行いましょう。ワカサギ釣りはエサをこまめに変えるのが、大漁の秘訣。5分に一回は付け変えるのがポイントです。


テクニックをわかりやすく解説
次へ
ページ:12
最新の食材フィッシングへもどる
食材フィッシングINDEXへもどる
美味極楽メインページへ