美味極楽メインページ > 食材フィッシング > イイダコ釣り
挑戦! 食材 FISHING 新鮮な魚をゲットするための初心者フィッシング入門
内湾の砂地や砂泥の海底を好んで棲むイイダコ。
シロギスを釣っているときにハリにかかることもありますが、専門に釣る場合はテンヤというイイダコ釣り専用の仕掛けに、なんと「ラッキョウ」を取り付けて誘います。白い物が大好きなイイダコが、ラッキョウに抱き着いたところを、テンヤの2本のハリで引っ掛けるのがイイダコ釣りの醍醐味。慣れれば初心者でもたくさん釣ることができ、煮付けや唐揚げ、オデンのネタなどにするととっても美味! ぜひともトライ! Photo Photo
イイダコ釣りのエサはラッキョウ!?
仕掛け図
釣り道具を買う際、このイラスト図をプリントアウト(メモでもOK)し、釣り具店に持って行きましょう。
イイダコは小さなカニやエビ、貝類が大好物。でも、エサはラッキョウを使います。と言うのも、イイダコはとても好奇心が旺盛で、白い物にとても興味を示すからです。一説には、イイダコ自身が自分の住処に貝殻を借家しているらしく、新たに心地良い住処を見つけると引越しをする、とか(?)。この習性を活かした釣りとも言えるでしょう。ラッキョウを付けたテンヤを海底で小刻みに誘うために、竿は先調子(7:3〜8:2調子)で、且つ軟らかめのタイプを選びましょう。また、仕掛けを軽く投げて誘うのも効果的なので、スピニングリールとの組み合わせがいいでしょう。
これがイイダコテンヤだ!
必見! イイダコテンヤのセッティング

初心者にも写真でわかりやすく解説
釣り方伝授 イイダコテンヤを小刻みに動かして誘う!
Photo イラスト
テンヤを真下、もしくはやや前方に落とし、海底まで沈めます。イイダコを釣るのはかなり浅場なので、仕掛け投入後すぐにも着底するため、のんびり構えることは出来ません。その後、竿先を小刻みに動かしてテンヤを底で踊らせるようにします。ここで注意しなければいけないのは、テンヤを大きく底から跳ね上げないこと。オーバーなアクションはイイダコが警戒してしまいます。最悪は、このテンヤがひっくり返ってしまうようなアクションでは釣りになりません。ちょうどテンヤの長さ分だけ上下させるのがコツです(オモリだけちょこちょこ動いて、後ろのハリは底に着いているのが理想)。イイダコがテンヤに抱き着くと、じわ〜っと重くなるので、素早くリールを巻き取ります。
必見アドバイス

初心者の為のイイダコ釣り必勝テクニック
次へ
ページ:123
最新の食材フィッシングへもどる
食材フィッシングINDEXへもどる
美味極楽メインページへ