美味極楽メインページ > おかず釣り師のレシピ > カワハギのトマトパスタ編 
アサリとトマトとの相性が抜群のカワハギ
塩、コショーのみのシンプルな味付けでも絶品です!!


〜カワハギのトマトパスタ編〜

「魚屋さんより鮮度は抜群!の自分が釣った魚。
そんな魚を美味しく食べる手段をお伝えしてます。」



1.ツノ、口、ヒレなどを落とす
Photo 硬くて食べられない口先、ツノと皮をはぐとき邪魔になる各ヒレを切り落とす。
2.皮をはぐ
Photo 落とした口先に切れ目を入れて、皮をつまみ尾ビレ側に引っ張れば、簡単に皮がはがれる。
3.三枚下ろし
Photo 背ビレの付け根から包丁を入れ、背骨を滑らせ中骨まで切る。180度魚を回転させ、腹ビレの付け根から包丁を入れ、腹骨を滑らせ中骨まで切る。尾ビレ側のいちばん身の付きが薄いところに包丁を入れ中骨を越して、背、腹の切れ目をつなげ、頭側に中骨を滑らすように切る。反対側も同様に。この時期のカワハギはそれほど肝が入ってない。もし大量に入っていたら、当コーナーの肝合えにするのが良いと思います!
4.節取りをし、血合い骨を切り取る
Photo 脇骨をすき切りしてとり、中骨両サイドに付いている血合い骨を切り取る。
5.身に下味付け
Photo 大人ふたりで15cm弱のカワハギなら8枚程度を使用。塩、コショー共に小サジ1杯程度をまっんべんなく振りかけ、軽くもみ込む。その後、小麦粉かかたくり粉をまぶす。
6.身を炒める
Photo
Photo
大サジ2杯分のオリーブオイルをフライパンに入れ、カワハギの身を炒める。カワハギの身が崩れないよう揚げる感じで炒める。炒めた身はお皿に保存しておく。
7.ソース作り
Photo カワハギを炒めたフライパンを使用。さらに大サジ1杯のオリーブオイルを付け足し、スライスしたニンニクを入れ炒める。香りが立ったころ、アサリの水煮の缶詰め2缶分を汁ごと入れる。このニンニクの分量はお好みで構わない。缶詰めのホールトマト1缶をザルなどで濃しながら入れ、煮込む。
8.タバスコ投入
Photo ソースが煮えて来たら、ここで隠し技です! タバスコを入れアサリの臭みをとる。最低でも5振りは入れて欲しい。さほど辛くはならないので。ピリッと大人の味にしたいときは、味を見ながらさらに入れていく。その後カワハギを入れ味をチェック。薄かったら塩、コショーで味を微調整。
9.パスタを用意
Photo ほんのわずか芯を残すアルデンテに茹でたパスタを別のフライパンでオリーブオイルを使い炒める。この時、ワケギを入れると色合いも鮮やかになりグッド。歯触りもシャキシャキ感が出てたまらなくなる。
10.ソースをかけて完成
Photo 炒めたパスタに、ソースを一振りしまんべんなくパスタに色付けし、お皿に盛る。その後ソースを上からかけ、大葉を振りかければ完成です!
おかず釣り師のレシピINDEXへもどる
美味極楽メインページへ