美味極楽メインページ > おかず釣り師のレシピ > 茹でダコ&タコ飯編 
お茶で茹でれば色彩も鮮やか
ボイルしたタコは甘みが増し食感も楽しめる


〜茹でダコ&タコ飯編〜

「魚屋さんより鮮度は抜群!の自分が釣った魚。
そんな魚を美味しく食べる手段をお伝えしてます。」



1.腹を裏返し内蔵を取る
Photo 口もとから腹(頭と思われがちな)に指を入れ、親指で腹の上部を押しながらひっくりかえせば内蔵面が出てくる。腸ワタなど手で引きちぎれる内蔵を取り除く。墨袋などの付け根部分は予め包丁で切ってから作業すると取りやすい。
2.クチバシを抜く
Photo クチバシは口の裏側から指で押しだすようにすると、取れやすい。硬くて抜けないようなら、切断しても良い。
3.目玉を取る
Photo 眉間に包丁を入れ、その切れ目から目玉がでてくるように指で押しだす。
4.塩もみ
Photo 塩はヌメリ取りの効果がある。たっぷりめの塩でゴシゴシと洗濯をするようにタコをもむ。この時、塩をケチると茹でたときの食感が良くないので、しっかりとヌメリを落とすコト。ヌメリが取れた頃合いで水洗いする。
5.お茶で茹でる
Photo 風味と色彩を鮮やかにするために、番茶でタコを茹でる。タコの入れ方は、一気にお茶の中にいれるのではなく、足が丸まってカールしてくるのを確認しつつ、ゆっくりと入れる。ちなみに番茶が無ければ家にある緑茶でも良い。
6.茹で完成
Photo 大きさにもよるが、およそ5〜10分で茹で上がる。目安は串を足に刺して抵抗無く入ればOK。茹で立てに塩を振って食べるのが個人的には好きだが、これを冷まして刺し身や炒め物、天ぷら、酢の物にしてもいい。
7.タコ飯作り
Photo オツな食べ方を紹介。カツオと昆布でダシをとり、しょう油、酒、ひとつまみの塩をかくし味にダシ汁を作る。3合のご飯なら、タコの足3本分程度を食べやすい大きさに切ってダシ汁と合わせて炊き上げる。ダシ汁の量は通常の炊き上げと同量で良い。
8.タコ飯完成
Photo 針ショウガや、大葉をトッピングして完成! 上品なタコの甘さが口の中に広がり、そりゃもう、ホッペが落ちちゃうくらい美味しいですよ!! 本格的にマダコ釣りをすることもありますが、マダコは根魚の外道として良く釣れるので、幸運にも釣れた時にはこんな料理で味わって下さいね。
おかず釣り師のレシピINDEXへもどる
美味極楽メインページへ