美味極楽メインページ > おかず釣り師のレシピ > アナムニ巻き編 
船長が納竿後にさばいてくれる江戸前アナゴは調理簡単!
女性もうれしいたっぷり野菜のヘルシー巻きずし!!


〜アナムニ巻き編〜

「魚屋さんより鮮度は抜群!の自分が釣った魚。
そんな魚を美味しく食べる手段をお伝えしてます。」



1.ヌメリをとる
Photo たっぷり目の塩を皮につけ、包丁のうらを使ってヌメリをこそぎ落とす。
2.小骨を切る
Photo 開いた身を表にして、取れきれない小骨を1cm間隔くらいで切っていく。中骨と腹ワタは船長が処理してくれるが小骨まではとってくれないのだ。あまり気にならない小骨だが、切れ目を入れることで焼いた際の身の縮まり方が美しくなる。
3.下味を付ける
Photo 塩、コショーをふりかけ(好みで調整)、かたくり粉を両面にふる。
4.ムニエルに
Photo バターを溶かしたフライパンにアナゴを皮側から入れて焼く。バターの分量はアナゴの身の半分の高さくらい。皮が焼けたら反対にし、醤油、お酒、みりんを加える。分量は0.5:1:1が目安。甘めが好きな人はみりんを大目に。
5.酢飯を作る
Photo 市販の酢飯の素を使いましょう。
6.のり巻きの準備
Photo 巻きすにのり、酢飯、大葉、ムニエルしたアナゴをのせる。酢飯はのりしろを考え奥側に1cmくらいは開けること。
7.さらに具をトッピング
Photo お新香類を2〜3種類(シバ漬け、ツボ漬けがグッド)のせ、キューリの千切り、カイワレ、白ゴマをのせて巻く。のりとのりの接着部分はお酢を薄く塗るとうまくいく。
8.完成
Photo 巻き終わったら、一口大に切るも良し、そのまま豪快にガブリも良し!
おかず釣り師のレシピINDEXへもどる
美味極楽メインページへ