美味極楽メインページ > おかず釣り師のレシピ > イサキのお刺し身&にんにくたたき編 
〜イサキのお刺し身&にんにくたたき編〜

「魚屋さんより鮮度は抜群!の自分が釣った魚。
そんな魚を美味しく食べる手段をお伝えしてます。」



1.まずは基本の三枚おろし
Photo イサキのウロコは以外と硬いので、ウロコ落としを使いきちんとウロコを落とすこと。
2.身の脇骨をすきとり、骨抜きで血合い骨を抜く
Photo 骨は鍛冶屋いらずと言われるように強靱。刺し身の中に骨が入っているとキケンなので、注意して抜こう。
3.皮をむく
Photo 左手の指で尾を抑え、尾より1cmくらいの部分から身と皮に間に包丁を入れ、皮を引く。包丁を柳刃に変えると引きやすく、皮を持って引きながら包丁もこまめに動かすのがポイントだ。
4.平造り、薄造りでお刺し身に!
Photo 包丁をまっすぐにして身を1cm幅で切ると平造り。5mmで切れば斜めに切れば薄造りの完成。皮側の身に飾り包丁(バッテンを入れるように斜めに切れ目)を入れると見た目もキレイ。
5.たたきを作る
Photo 身を5mmから1cm幅の大きさで身を切り、包丁で軽く叩く。叩くことで甘味が増すぞ。
6.しょうが、万能ネギ、大葉、アサツキをお好みで入れる
Photo お好みで上記野菜を千切りかみじん切りにして身と混ぜる。
7.ニンニク、みそをかくし味として入れる
Photo 擦りニンニク、みそを共に小サジ1杯(一般的な25cmサイズ2匹分くらいの配分です)。味が実にまろやかになうえ、臭みがなくなる! 翌日のニンニク臭が気になる人は、ニンニクをみじん切りに。そして寝る前に牛乳を飲めばかなりの効果があり。
8.完成
Photo 魚の大きさや量で薬味、かくし味の調整はして下さいね。
おかず釣り師のレシピINDEXへもどる
美味極楽メインページへ