美味極楽メインページ > 糸の結び方 > ビミニツイスト(1) 
これだけ覚えれば仕掛け作りは完璧マスター!
ビミニツイスト
CHECK! ビミニツイストとは?
ルアーフィッシングではルアーを遠くまで投げるためや、ルアーの動きを良くするためになるべく細い糸を使います。先の方にだけ太い糸(ショックリーダーと言います)を数10cmつなぎ、その先にルアーを結びます。このように細い糸と太い糸をつなぐことを“ラインシステム”と言います。ラインシステムに欠かせないのが、この「ビミニツイスト」……糸にヨリをかけて二重にすることで強度をアップ……ショックリーダーとの接続には必要不可欠なテクニックなので、ぜひとも覚えておきましょう。一般的な結び方と平行して、船の上で簡単にできる『美味極楽流ビミニツイスト』も紹介します。
Photo 糸を二つ折りにする

リールから糸を伸ばし、1メートルほどの長さを二つ折りにします。初心者はいくぶん長めの方が、やりやすいでしょう。
Photo 糸にヨリをかける

二つ折りにしてできた輪に指をかけ、グルグルまわして糸をよって行きます。20〜30回が目安です。
次へ
ページ:12
美味極楽メインページへ
この記事のトップへ