超・簡単 ウキ釣りの仕掛けを作ろう!
Photo
市販の小物を揃えよう
堤防のウキ釣りには、小型〜中型の玉ウキがいいでしょう。その玉ウキを糸に取りつけるためのゴム管は、ウキを買ったときの袋に入っていることもありますが、写真右端のようなチューブ状のモノを1本買うと便利です。仕掛け&エサを沈めるためのオモリは、糸を真ん中にはさんで止めるタイプ(カミツブシ型)を使います。小〜大が数個ずつセットになったケースが便利。そしてヨリモドシ(小〜中型)と、ハリス付釣りバリ(『丸せいご』あるいは『海津』がベター)があれば準備OK。
Photo
ゴム管を糸にとおす

リールから糸を伸ばし竿のガイドにとおしたら、糸の先端にゴム管をとおします。ゴム管は3〜5ミリに切ります。
Photo
ウキをとり付ける

糸をとおしたゴム管に、玉ウキを差し込みます。リールに近い方から、糸の先に向かって差し込みます。
Photo
オモリを付ける

真ん中が割れている間に糸をはさみ、ペンチやプライヤーでオモリをつぶします。ギュッと強くつぶさず、軽く留める感じにすると、後でオモリを移動することができます。オモリの大小、数で沈み具合を調整します。
Photo 仕掛け完成!

オモリの先をヨリモドシに結びます。そのヨリモドシにハリス付釣りバリを結んで完成。ハリ(エサ)を水中で安定させるために、ハリスに小さいオモリを付けてもいいでしょう。玉ウキとハリとの長さ(水深)は、ゴム管をズラすことで変えることができます。
糸の結び方(クリンチノット)

初心者にも写真でわかりやすく解説