ちょい投げ釣り
竿・リールのセット 仕掛け エサ 釣り方
Photo 片天ビンとオモリ

ちょい投げ釣りには写真のような「片天ビン」を使い、ハリの仕掛けとオモリをセットします。片天ビンを使うと、仕掛けが絡みにくくなります。オモリは10〜20号の重さでいいでしょう。
Photo Photo 市販の仕掛けを使う

ハリの仕掛けは市販のモノを使います。投げ釣り用(船釣り用でも可)のシロギス仕掛け、もしくはハゼ仕掛けがいいでしょう。袋から取り出すときは、最初に端に付いているヨリモドシ(糸を接続する金具)だけ出し、片天ビンに繋ぎます。それからゆっくりと引っ張り出すと、仕掛けが絡みません。
ONE POINT ADVICE
Photo
初心者は1本ハリにしよう!
市販の投げ釣り用の仕掛けはハリの数が多く、しかも仕掛けそのものも長いので、慣れないと糸がからんでしまいがち。そこで初心者は、市販のハリス付きハリを1本だけ、片天ビンに結びましょう。ハリは「丸せいご」の7〜9号がいいでしょう。
糸の結び方

イラスト&写真でわかりやすく解説
竿・リールのセット 仕掛け エサ 釣り方
前へ 次へ
ページ:1234