美味極楽メインページ > 堤防釣り > サビキ釣り 
堤防釣り 気分は「Take it Easy !」 気軽に楽しめる堤防釣りに挑戦
〜サビキ釣り〜 アジやサバ、イワシなど、美味しい魚を一網打尽!?
堤防や海釣り公園にはアジやサバ、イワシなどの回遊魚が、群れをなして泳いできます。そんなときは疑似バリが7〜8本ついた仕掛けを使った「サビキ釣り」が効果的。オキアミやイワシミンチといったコマセ(寄せ餌)で魚を寄せるので、一度に5〜6匹(場合によってはハリ全部に!)釣り上げるのも可能です。仕掛けの準備も釣り方も簡単。ヨリモドシ(糸を結ぶ小道具)にコマセ袋と市販のサビキ仕掛けをつければいいだけです。袋にコマセを詰めて仕掛けを海に投入。竿を上下に振って海中にコマセをまけば、まもなくアジやサバがサビキバリに食い付くでしょう。魚の群れが来たときに、コマセの準備や魚の取り外しをスムーズに行えば、大漁間違いなし!
Photo
仕掛け図
イラスト図をプリントアウト(メモでもOK)して
釣り道具店に行き、まずはこの1セットを揃えてみよう。
ONE POINT ADVICE 便利グッズ
Photo Photo
ロープ付きバケツ ビニールシート
Photo 堤防や海釣り公園は足場が高いので、ロープ付きのバケツがあると便利です。海水をすくって釣った魚を入れたりするといいでしょう。また、海釣り公園の足元は細かい格子状になっているところもあります。そんな時はビニールシートを敷くと、仕掛けなどの小物が落ちなくて安心です。
竿・リールのセット 仕掛け エサ 釣り方
美味極楽メインページへ
この記事のトップへ