サビキ釣り
竿・リールのセット 仕掛け エサ 釣り方
Photo
イラスト
スピニングリールのベール(金属製の半月状の部分)を起こし、糸をフリーにして仕掛けを海底まで落とします。オモリが底に付いたらハンドルを回して、糸の出るのをストップし余分な糸を巻取る。
Photo
イラスト
竿を上下に短く動かします。コマセ袋を揺する感じで、中のコマセを海中に巻きます。その後、糸をピンと張って待っていると、プルプルというアタリ(魚が食い付いたこと)とともに、アジやイワシがサビキハリにかかります。すぐに上げないで、数秒そのままにしておくのがコツです。
Photo
魚が掛かればリール(ハンドルを回す)で糸を巻取り、コマセ袋を手に取るような長さで巻取りをストップ。すると、ハリ全部に魚がかかることも珍しくありません。今回はイワシが大漁です!
魚を寄せるために何度かコマセを撒く必要もあります。魚が掛からなければ、コマセが効かない状態(3〜5分)で仕掛けを回収し、同じ動作を繰り返すこと。
竿・リールのセット 仕掛け エサ 釣り方
前へ
ページ:1234