美味極楽メインページ > 堤防釣り> ウキ釣り> ウキ釣り入門  
ウキ釣り入門


Image
 ウキ釣りは漁港の堤防や海岸沿いのテトラ帯、磯や岩場など、いろいろなところで楽しめる釣り方です。
 しかも、釣り場の水深に合わせてウキ下を変えることで、表層を泳ぐ魚から、海底にいる魚まで、おおむね(釣り人が立つ)その周辺にいるすべての魚がターゲットにのです。
*注)海水浴ができるような、フラットな砂浜には適していないので釣り場を選びましょう。


まずは手軽に楽しめる五目釣りから始めましょう。

 タックル(釣り道具)は、リールを使わないノベ竿(渓流竿など)でも構わないが、やはり効率を考えれば、ウキ下を深くしたり、キャスティング(仕掛けを投げる)可能な広範囲を探れる釣り道具である「磯竿とリール」のセットがベスト。


ハリにつけるエサの他にコマセ(寄せエサ)が必要。

 ウキ釣りでも、五目釣り(色々な魚を狙う釣り)ならばコマセにはアミエビが基本。但し、大物も狙うならオキアミがよいだろう。
 いずれも釣具販売店で「コマセ用のアミ(オキアミ)」といえば購入できるので、気軽に店頭で尋ねてみてください。出来れば、これをコマセバケツ(磯バッカンなど専用のバッグ類がベスト)に入れて、人工的にブレンドされた「配合エサ」も合わせて買い求め、アミ(オキアミ)と混ぜればさらに効果的だろう。


ハリに付けるエサは「付けエサ用の大粒アミ(オキアミ)」。

魚を釣るには、コマセ用のアミ(オキアミ)だけでは事足りない。当然、魚が食ってハリ掛かりさせるには、ハリにつけるエサ「付けエサ用の大粒アミ(オキアミ)」が必要だ。パックになったモノが便利でお薦め。


堤防釣りでの一級ポイント(一番釣れる場所)

堤防の一級ポイントは、外側(大海原に面する側)に点在する沈み根やテトラ、基礎ブロックの周辺だろう。
 水面のギラギラに邪魔されることなく海の中が見える「偏光レンズのメガネ」があれば、周辺の海中を観察してみよう。(海の)色が変わっている所は狙い目だ。
 また、不慣れだったり、お子さんも同伴されるようならば、堤防の内側もおすすめ。アジ・サバ・イワシ・小メジナなどがよく釣れる。
 磯や岩場もやはり潮通しがよくて、沈み根や海草などの障害物の周りがよい。いずれも、釣りのポイントでは、魚を寄せるためにコマセを少しずつ撒いて、魚の寄りを見て判断しよう。


深さが変われば魚も変わる

 釣り場には深い所もあれば浅い所もある。
 魚も習性によって「表層を泳ぐ魚」、「中層を泳ぐ魚」、「底にいる魚」に分けられる。ウキ釣りの面白さは、ウキ下の深さを変えることで様々な魚を釣れることにある。
 コマセを撒いたらよく観察してみよう。
 最も水面近くに集まってくるのは「アジ・サバ・イワシ・小メジナ」だ。
 深めにすれば「メジナ・ウミタナゴ・シマダイ・メバル」、さらに深く(海底付近)すれば「カサゴ・アイナメ等の根魚」まで釣れるのがウキ釣りのメリットと言えるのだ。


釣り具・仕掛けはコレ

Image  Aタイプ(図右)は、ウキが遊動式になっており、竿の全長以上の深さまで釣ることができる。
 本格的な磯釣りもこのタイプで、様々な釣り場で使え応用性も高いので、ウキ釣りに慣れればこのタイプで釣りを楽しむべきだろう。

 Bタイプ(図左)は、固定ウキ(ゴム管でウキを固定する)で仕掛け作りが簡単でシンプル。浅い釣り場(3〜4mくらい)ならば、これで十分、恐らく堤防を釣り場とする場合にはこの方法で問題はないだろう。

 A・Bどちらの仕掛けも、ウキから下(ウキ〜ハリ)の長さを変えることで、表層から底層まで幅広く探れる。しかし、底近くを狙う場合には、ハリが底に着いてしまうと根掛りするので注意が必要だろう。


アタリが出るウキ、出ないウキ

 ウキ釣りは、文字通り「仕掛けに付けたウキ」の変化で魚のアタリを察知して、竿で掛け合わせる釣り方。
 魚が寄って来て、エサをつつくとウキに変化が出る。
 問題は、この変化をいかに出やすくするか、どこで合わせるか、ということだ。
 ウキの種類は下図の通り。
 いずれの場合も、ヨリモドシ(糸と仕掛け等をジョイントするパーツ)の上に付ける浮力調節用のガン玉オモリで、ウキの浮力を調整して、感度を高めることで釣果に差が出ることになる。


Image Image


コマセの切れ目が縁の切れ目

 ウキ釣りに欠かせないのがコマセ。
 一般にコマセ(寄せエサ)は、アミエビやオキアミに加え、人工的な配合エサを混ぜて作る。
 コマセは潮の流れ方をよく観察して、潮の流れの上手側から撒くようにする。流れがゆるい場合は、ウキの周辺に撒けばよい。
 一度に大量に撒くのではなく、一定の間隔で少量ずつ撒くのがコツ。そしてコマセが流れる所に仕掛け(ウキ〜ハリまでの部分)を入れ、コマセの煙幕上の広がり中に、ツケエサ(ハリ)が入っている状態にする。


Image Image
ウキ釣りトップへ
美味極楽メインページへ
この記事のトップへ