ライトウイリー釣り
竿・リールのセット 仕掛け エサ 釣り方
コマセを効果的に利用するのがコツ
コマセカゴを海底まで落としてから、ハリスの長さぶんだけ巻き上げてコマセを撒き魚が食いつくのを待つ、というのがライトウイリー釣りのパターンです。コマセを有効に使い、初心者でも簡単にできる魚の誘い方を、イラストと写真で解説。早速お試しあれ!
イラスト
Photo
仕掛けを投入。コマセカゴが海底に着いたら、糸フケ(余分に出た糸)を巻き取り、一呼吸待つ感じで。仕掛けが潮の抵抗を受けながら、ゆっくりと沈むのを待つためです。
イラスト
Photo
ハリス(仕掛け)の長さぶんだけゆっくりと巻き上げます。そこで2〜3度竿を大きくあおって、コマセを海中に振り出します。
イラスト
Photo
海中の漂っているコマセの中にハリがちょうど入るように、仕掛けの長さだけリールを巻き上げます。しばらく待って食い付かなかったら、この誘いを3〜4回繰り返します。
竿・リールのセット 仕掛け エサ 釣り方
前へ
ページ:1234